ブログ

正解はひとつでない!

厳しい受験戦争を勝ち抜いた人ほど、どんな問題にも必ず正解があると思っている節がある。しかし、それは間違いではないだろうか?

試験問題には必ず正解があっても、人生で起こる問題には正解があるとは限らない。また、もし仮にあったとしても、ひとつではなく複数の答えがあるように思う。

人間関係も同じ・・・。

しかし、日本人は同質意識が強く、異端児を許さない性質があり、その人をなかなか認めないだけでなく、場合によっては抹殺しようとする。そして必ずといってよいほど、自ヌ分が思い描いた姿を求めがちだ。

人間は十人十色・・・。

この言葉を知っていても、なかなか実際の社会ではそのようにいかない。他人を理解することは、相手に同質を求めるのでなく、相手の変わったところを理解してあげること。そして、尊敬してあげること。

人は一人ひとりの考え方も違えば、それぞれ抱えている問題や悩みも違う。そう思えば、些細な事でイライラすることもなく、人間関係で悩むことも少なくなる。

~行雲流水~

行く雲のごとく、流れる水のごとく、こだわらず、とらわれず、空の心を持って、ボーっとして人生を送りたいものだ。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

http://daihyo.co.jp/wp-content/uploads/2013/09/recruit011.jpg
RSS更新通知パーツ

RSS 私たちにちょうどいい家(R)プロジェクト

ブログ

QRコード

ページ上部へ戻る