日々の戒め

  1. GIVE(与える)&TAKE(与えられる)

    人間関係の基本は”GIVE(与える)&TAKE(与えられる)”・・・。 いわゆる日本人が大好きな「一宿一飯の恩義」、「借りは必ず返す」である。欧米人に比べて、日本人は義理堅いとよく言われる。そして、「人になにかをしてあげると、相手は必ず恩返しをしてくれる」と思いがち・・・。

  2. 名聞利養!

    道元禅師は、「修行者は名聞利養にとらわれてはいけない」と説いています。"お金を求めること時代は悪いことではないけれども、決してお金に縛らてはいけない"ということでしょう。「名聞」とは名誉や名声の事で、「利養」とはお金のことです。

  3. 来年のスケジュール帳「マンダラ手帳」を購入した。来年の先行計画を書き込んだので、次は「人生100年計画」。その作成ガイドの中に、「過去の事はできるだけポジティブに書くこと」という注意書きにハッとする。自分の現在というものは、どのようなことであれ、自らが考えて行動した結果に他ならない。

  4. 私たちの本来の目的・・・?

    私たちの本来の目的は、自分のスキルやノウハウ、技術を、利己主義でなく、偽善に陥らず、他人のために使い続けることでしょう。 それこそが「自利利他」であり、いちばん素晴らしい生き方だと思います。

  5. 極めて生産性と効果性の高い日々を送るために?

    毎日、自分にとっての最重要事項に意識を向けて続けていないと、ふと気を緩めた瞬間に、「少し重要なこと」、「やっておいたら良い程度のこと」、また、「全くやらなくてもいいこと」をやり始めていることがあります。極端な話、最重要事項以外には意識を向けない方がよいでしょう。

著作本

Mail-Wind

RSS更新通知パーツ

ブログ

ページ上部へ戻る